> Amazon出品



Amazon出品

Amazon検索で商品を表示



Amazon出品で検索キーワードとして使用される要素(項目 フィールド)がどれかおわかりでしょうか?

実は、検索キーワードとして使用される要素は「商品の在庫管理方法」によって、
検索キーワードとして何が使用されるかが異なります。


Amazon出品で「商品の在庫管理方法」には、

1.セラーセントラル管理画面で商品登録
2.Tab区切りテキストファイルアップロードで一括商品登録
3.商品フィード(XML)及びAmazon Seller Desktopで一括商品登録


がありますが、多くは「1.管理画面で商品登録」もしくは「2.アップロードで一括商品登録」です。
どちらで商品登録するかで、どの要素(項目 フィールド)に検索キーワードを設定しておけばいいのかが異なるのです。


1.管理画面で商品登録の場合

商品名
ブランド名/デザイナー名/メーカー名
登録キーワード
イベント キーワード(母の日など)


2.アップロードによる一括商品登録

製品コード (UPC, EANなど)
商品名
ブランド名/デザイナー名/メーカ名/メーカー品番
検索キーワード1から検索キーワード5


つまり、「1.管理画面で商品登録」では、イベント キーワードの要素は検索でヒットしますが、JANコードなど商品コードは検索対象外です。逆に「アップロードによる一括商品登録」では、イベント キーワードの要素がありませんが、JANコードなど商品コードは検索でヒットします。


よりAmazon検索で商品を検索表示するには、アップロードによる一括商品登録をし、セラーセントラル管理画面でイベント キーワードを編集更新するのがベストと言えます。


この検索キーワードとして使用される要素(項目 フィールド)を理解しておくことが、Amazon出品で重要なのです。


一番やっかいなのが、最初にAmazonカタログに商品登録した出品者が理解していないため、複数の出品者が同一商品のカートにひも付け出品しても、Amazon検索でうまくいかないことがあることです。


アマゾンでは、「商品名や商品ブラウズノードや検索キーワードなどは、ショッピングカート取得にかかわらず複数の出品者が在庫管理画面上に登録している情報をシステム自動抽出している」と言いますが、それは疑わしいです。一旦、Amazonカタログに商品登録されると、それらを修正するには証明できる根拠がないとできません。


Amazon検索で表示される工夫は、一番先にAmazonカタログに商品登録した出品者が行うのがいい訳で、「Amazonカタログ新規商品登録」が重要なことがわかります。




このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

Amazonカテゴリー分類




Amazon出品で「検索」と並んで重要なのが、商品のカテゴリー分類と、商品を絞り込んで選択する際に使用できる属性項目です。このカテゴリー分類と絞り込みの属性を指定するための項目が、

・ブラウズノード
・リファインメンツ(属性項目)

です。


ブラウズノードは、カテゴリー一覧(パス)に紐付けるためのコードです。

リファインメンツは、カテゴリーごとに表示される商品の絞り込み検索に紐付ける設定です。


リファインメンツ(属性項目)は、該当するカテゴリーのブラウズノードが設定されていないと使用できません。また、カテゴリー毎にリファインメンツは用意されており、推奨値が定められています。


例えば、

ブラウズノード:2127293051
ジュエリー/メンズアクセサリー/ネックレス&ペンダント/ネックレス
(検索結果12,010件)


このブラウズノードのページ左のカテゴリー覧で「ブランド」「スタイル」は、リファインメンツで出品者が独自に作ることもできません。これらの仕組みについてしっかり理解している出品者は多くありません。

次にブラウズノードの種類ですが、

ブラウズノードには、「ブランチノード」と「リーフノード」の2種類のブラウズノードが存在します。 商品登録時にはこのブランチノードを使用せず、リーフノードを使用します。

ブランチノード(枝ノード):末端のノードを除いたサブカテゴリー

リーフノード(葉ノード):最終地点である末端カテゴリー


例えば、

ブラウズノード:2127293051
ジュエリー/メンズアクセサリー/ネックレス&ペンダント/ネックレス

の場合、


トップカテゴリーが、ジュエリー
ブランチノードが、メンズアクセサリー/ネックレス&ペンダント
リーフノードが、ネックレス

Amazon商品登録時には、必ず「リーフノード」を使用しないと、
購入者がカテゴリー分類で絞り込む場合、見つけてもらえません。




このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

Amazonで商品を見つけてもらう


Amazon出品で、売れる道筋、つまり商品にたどり着く手段は、
amazon.co.jpサイトで購入者が商品を探していただくしかありません。
(一部、GoogleやYahoo!など検索エンジンのPPC広告やamazon.co.jpからの購入者へのメールで売れる場合もあります)

購入者が商品を探しだす際の手段は以下の二つです。

・カテゴリー分類で絞り込み

・サーチボックス内に入力し検索


Amazon出品者が、「カテゴリー分類で絞り込み」の仕組みについて
あまり理解していないと思うのですが、「カテゴリー分類で絞り込み」
について次回、お話ししようと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

Amazon出品ファイル作成代行




Amazonに出品している既存データから、Amazonにアップロードによる一括商品登録可能な出品ファイル(エクセルタイプ)を作成する「出品ファイル作成代行サービス」です。


最新の出品レポートより、

・SKU(商品管理番号)
・ASIN(商品認識番号)
・商品名
・販売価格
・在庫数量(FBA配送商品を除く)
・商品コンデション説明(コメント)
・使用しない支払い方法

を取得し、現在の商品データを取り込んだ出品ファイルを作成します。

エクセルタイプのファイルで作成しますので、
商品名、販売価格、在庫数量、商品コンデション説明、使用しない支払い方法などを
簡単に一括編集し、Amazonにアップロードによる一括商品登録が可能です。


■ 料金:4,800 円(税込)

 ※sku数に制限はありませんが、お預かりする出品詳細レポートは、1ファイル最大1024kb以内です。





出品ファイル作成代行サービス申し込み手順


1.在庫「出品レポート」から出品レポートをダウンロードします。



1) レポートの種類の選択で「出品レポート」を選択する。
2) ボタン「レポートをリクエスト」をクリックする。
3) 右下にあらわれるボタン「ダウンロード」をクリックする。





4) 任意場所に出品レポートとわかるようにファイル名を変更し保存する。




2.在庫「出品レポート」から出品詳細レポートをダウンロードします。



1) レポートの種類の選択で「出品詳細レポート」を選択する。
2) ボタン「レポートをリクエスト」をクリックする。
3) 右下にあらわれるボタン「ダウンロード」をクリックする。





4) 任意場所に出品詳細レポートとわかるようにファイル名を変更し保存する。





3.以下お申し込みフォームより申し込みます。











※お申し込みより、48時間以内にZIP圧縮した「出品ファイル(エクセルタイプ)」を
  電子メール添付にてお送りします。解凍にはパスワードが必要です。

※ご入金確認後、解凍パスワードを電子メールにてお知らせします。




4.ご利用方法



1) 任意の項目を編集します。





2) ファイルからエクスポートを選択し、「ファイルの種類の変更」をクリックします。
3) テキスト(タブ区切り)(*.txt)をダブルクリックし、エクスポートします。
4) セラーセントラルの在庫-「アップロードによる一括登録」を選択します。





1) ファイルの種類で「出品ファイル(L)」を選択してします。
2) アップロードする出品ファイルを指定します。
3) ボタン「今すぐアップロード」をクリックしアップロードします。






このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

はじめてのAmazon出品ガイド






翔泳社のWebマガジン「ECzine」に、
本日11月28日にコラム「はじめてのAmazon出品ガイド(1)
出品形態、商品カテゴリ、配送、商品登録を知ろう
http://eczine.jp/article/detail/22

3回に分けての連載がスタートしました。

今回のテーマは「Amazon出品について知ろう」で、以下4つのトピックスを取り上げます。

・Amazon3つの出品形態
・商品カテゴリの種類(20のテンプレート)
・出品者配送とFBA(フルフィルメント)
・Amazonカタログ追加と新規商品登録

著者:(私)松橋 正一
一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会(JECCICA)特別講師






このエントリーをはてなブックマークに追加



Check