> FileMaker の学習



FileMaker の学習

FileMaker Go 12の活用


無料で使える「FileMaker Go 12」を活用してみたらどうだろうか?
「FileMaker Go」を活用すると、外出先でできることが増えます。

FileMaker Go があれば、
iPad や iPhone で、いろいろな仕事に対応できます。

・店内でお客様の過去の購入データを確認
・倉庫で在庫情報をアップデート
・外出先で在庫情報を確認
・外出先で商品情報を確認
・外出先で連絡先情報を確認
・外出先で会員登録情報をアップデート
・出張先などで仕入商品情報をアップデート
・面談者の名刺や顧客情報をアップデート
・不動産見学中に不動産情報にアクセス
・納品業者がお店への配達時に請求書を作成
・展示会場で商品仕様や見積価格を提示
・製造現場などで検査基準マニュアルを確認
・野外で生物植物などの生息地や生態の確認
・数回のタップでExcelファイルやPDFを送信


「FileMaker Go 12」で利用するファイルの編集には「FileMaker Pro 12」が必要だが、
既に用意されている「FileMaker Pro 12」で作成されたファイルを手に入れれば、
iPad や iPhone でデータアップデートも可能で、無料の「FileMaker Go 12」のみでの活用方法もあります。



<FileMaker Go 12 の入手方法>

FileMaker社の公式サイト
http://www.filemaker.co.jp/

「iTunes」経由でダウンロードする方法
http://www.filemaker.co.jp/products/filemaker-go/





For iPad や For iPhone の「ダウンロードボタン」
をクリックして「iTunes」にダウンロードします。



iPad や iPhone で「App Store」からダウンロードする方法


「App Store」で検索





「FileMaker Go 12 for iPhone 」
無料ボタンをクリックして「Appをインストール」する。






「iTunes」を起動し、デバイス「App」の
「ファイル共有」-App「FileMaker Go」-「FileMaker Go の書類」
に入手した編集済み.fmp12ファイルをドラッグ・アンド・ドロップでコピーします。







アプリ「FileMaker Go」を起動します。





お使いいただける「FileMaker Pro 12」で作成されたファイルは
これからご紹介していきます。






このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

FileMaker 10 発売開始

年明け早々、2009年1月6日にファイルメーカー株式会社より
「FileMaker 10 」が発売された。

「FileMaker 10 」は、7移行の旧バージョンと同じく、
fp7のファイル形式で「FileMaker 9 」との互換性はあるようだ。


<FileMaker 9 より更に追加された機能>

・新デザインのステータスツールバー
・スクリプトトリガ
・ダイナミックレポート機能
・検索条件の保存 (保存済み検索機能)
・SMTP サーバー経由でEメール送信
・新しくなったテンプレートと新しく追加されたテーマ
・Bento 統合 (Bento 2 から直接レコードをインポート可能)
・[フィールドを名前で設定] スクリプトステップ
・タブ順の挿入
・最新の Excel ファイル形式をサポート
・IPv6 サポート


開発者にとっては、更に使いやすく進化したようだ。

30日間試用の「無料評価版」もあり、簡単に試すこともできる。
また、2009年3月19日まで期間限定アップグレードキャンペーンでは、「FileMaker 8 8.5 9 」からのアップグレード版が、19,000円(希望小売価格、税別)で購入できるからチャンスである。



このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

便利なFileMakerプラグイン

FileMakerをうまく使い、ユニークな処理を行うような場合、
本来のFileMaker の機能を拡張する「プラグインソフト」があると
簡単に出来る場合が多いと思います。

FMPro.jp」というサイトに、

Plug-in 一覧」というページがあり、何と221件ものプラグインソフトを紹介しています。

FileMaker Pro 9 には、かなり機能アップしていますので
不要なプラグインも多くありますが、いろいろ面白い、ためになるプラグインも
ありますので覗いてみたらいかがでしょうか?



このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

メルマガ管理ツールを作る

モールや自社ドメインサイトで、メールマガジンを配信する場合、
配信サーバーにログが残り管理しているケースと、ローカルPCにテキストファイルとして
保存管理している場合があると思います。多くはデータベース化されてないのでは・・・

ローカルPCに保存している場合は、FileMaker で
「タイトル」「配信日」「本文」などをデータベース化すればいいですが、
過去数年ものファイルを整理するとなると大変だと思います。

有限会社ファクトリー
画像管理機能、ファイル操作などの機能を拡張したプラグインソフト
Factory's FileMaker Plug-in」を使用すると、
(秀丸などエデッタを併用)、比較的簡単にテキストファイルを取り込むことができます。

ローカルPCにはないけど、
メルマガのコピーがメーラーに保存されている場合は、

・ファイル拡張子一括変更ツール
・ファイルエンコード一括変更ツール
・メール受信プラグインソフト(pop3it_win.fmx)

などを使用することにより、過去の配信メルマガを
FileMaker で取り込みデータベース化することができます。


過去のメルマガを管理することにより、
本文をブロック化したり、テンプレートを作ることにより
メルマガの新規作成をFileMaker で効率よく作ることもできます。

ご興味ある方はトライしてみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

FileMaker Technical

年間9,000円(税別)で、「FileMaker TechNet メンバー」になると

・専門的技術や知識を高めることができる。
・フォーラムに参加することで情報やアイデアを交換することができる。
・より良いソリューションを作るための発売前のツールが入手できます。

かなりお得です。入会しない手はありません!

「FileMaker TechNet メンバー」入会はこちら。



このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

30日間の無料評価版

FileMaker Pro 9 をお持ちでない方は、
まずは「FileMaker Pro」サイトの

ダウンロードはこちらから」で、無料評価版を手に入れたらいかがでしょうか?

Windows XP、Windows Vista、Mac OS X 10.4.8 のOSであれば利用できます。
Windows XP の環境では旧バージョン6.0 以下と同時に使用できます。



このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

FileMaker の可能性

FileMaker の出来ることは数多くあると思いますが、
いままで管理人が主に利用しているのは、

・ネットショップの受注ソフトとして
・申込みメールからCSVデータの作成ツールとして
・メールマガジンログ管理とテンプレート作成ツールとして
・自社ドメイン構築ソフトとして
・楽天、ヤフーストア、アマゾン、ビッターズなどモール出品ツールとして
・各モール間、モールと自社ドメイン間のコンバートツールとして
・商品画像の一括取り込み、編集、管理ソフトとして
・オーバーチュア、アドワーズなどPPC広告管理ソフトとして
・ヤフー商品検索へのアップロードCSVデータ作成ツールとして

など、ネットショップの管理サポート作業ばかりです。


データベースとして
住所録管理、名刺管理、顧客管理、商品管理、会計管理などの
利用方法も多いかと思いますが、ネットショップ運営においても役立つ
使い易いデータベースソフトと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加



Check

FileMaker を体験

データベースを使ったことのない方でも、簡単にデーターベスが作成できる
FileMaker が9.0にバージョンアップし更に、使い易くなたったFileMaker を

6.0 と併せて、その使用体験をご紹介しながら
初心者向けのテクニックをご紹介していきたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加



Check